TOP > 農園レポート > 2014年5月の記事
​​
2014年5月29日 18:37
巨峰の房作り

こんにちは!

契約農家さんも収穫時期が刻一刻と近づき、

慌ただしい日々が始まっています。

IMG_8939.jpgそんな中、契約農家の三枝農園さんにお邪魔してきました。

家族4人とお手伝いの方2人で手際よく作業を進めていました。

今日は、巨峰の房作り!

忙しい合間を縫って作業内容を初心者の私に丁寧に説明して下さいました。

ブドウ棚の下に腰をかがみながら入っていくと、

巨峰の赤ちゃん?小さな房が沢山なっています。

kyohou_no_husatukuri_01.jpg









赤丸の中に巨峰の赤ちゃんがあります。

※画像はクリックすると大きくなります!

これがどうなるかというと...

kyohou_no_husatukuri_02.jpg








じゃ~ん!

こんなに小さくなります!
実になる部分は先端の僅かな部分だけだったんですね!

ちょっともったいない気もしますが、
丹精込めて作られた葡萄ですので、
手にされた方には、一粒一粒味わって食べて欲しくなります。

ところで、房作り後の画像を見て何か気づいた方はいらっしゃいますか?
根元に小さな房が2つ両脇にあるかとおもいます。

これなんで取らないんですか?

と質問したら、

これからおこなう "ジベつけ" の為に残しているそうです。

ジベつけとは、ジベレリン処理といって果物を種なしにする為に、
一房一房に赤いジベレリン液をつける作業ですが、
これから、2回ジベつけ作業をするそうです。

そして、ジベつけをする毎に、根元の小さな房を取るそうです。

忘れることはありませんが、
一応2回分の作業を確認する意味を込めて
残しているそうです。

丁寧な良い仕事してますね!
作業の邪魔をしないようにまたお邪魔しようと思います!

体調管理をしながら頑張って下さい!
今日はありがとうございました!

ご紹介している農家さんの思いが詰まった美味しい果物を
産地直送で食べられる通販サイト
桃葡萄フルーツセレクト通販
ご購入はこちら