TOP > 農園レポート > 2019年8月の記事
​​

昨日は奧山さんの葡萄畑を視察させて頂きました。

電話をすると、巨峰の除袋作業をしているとの事でしたので、

これはチャンス!と思い、早速伺ってきました。

昨年は慌てて伺い、カメラを忘れた事がありましたが、

今回は忘れずに持っていきました!(*^_^*)

190819-01.jpg

忙しい巨峰の除袋作業の手を休めて、

シャインマスカットなど、袋を外して房の様子も見せて貰いました。

本当にありがとうございました。

190819-02.jpg

先ずは、シャインマスカットから。

房作りが見事です。

大きくなりがちな房ですが、コンパクトに仕上がっています。

190819-03.jpg

次は巨峰です。

まだ色づいてはいませんが、粒は張ってきていました。

190819-04.jpg

これは、ピオーネの畑です。

巨峰と甲斐路以外は、このように袋の中で育っています。

190819-05.jpg

藤稔も袋を外して見せて貰いました。

房のボリュームがどの品種も均一です。

190819-06.jpg

甲斐路は袋をかけずに育っています。

三枝さんの畑より色づいていました。

今年は、桃の生育が遅れている影響のまま、

葡萄の生育も遅れていますので、

収穫も例年よりも遅めになりそうです。

葡萄も農家さんも美味しくなるまで頑張っていますので、

収穫までもう少々お待ち下さいませ。

宜しくお願いいたします。

ご紹介している農家さんの思いが詰まった美味しい果物を
産地直送で食べられる通販サイト
桃葡萄フルーツセレクト通販
ご購入はこちら

桃から葡萄への移り変わり...

お盆も明けて少し寂しい気持ちの店長の田中です。

昨日、三枝さんの葡萄の状況を確認してきましたので、報告したいと思います。

収穫順に報告します。

190818-02.jpg

先ずは巨峰、しっかり黒くなってきていますので、収穫を待つだけです。

190818-03.jpg

ピオーネも色がのってきていました。

190818-04.jpg

シャインマスカットは袋の中で育っています。

袋の張り具合から推測するに、大きな房に育っていることでしょう...

190818-05.jpg

甲斐路は日当たりの良い場所の房に、色が入りつつありました。

甲斐路の色づき具合が私は大好きです。

そして、来年に向けての取り組みですが、

お願いして育てて貰っていた桃の苗が大きくなってきました。

来年から少量ですが、注文受付を開始できる予定です。

190818-01.jpg

じゃ~ん!黄色い蟠桃です!

物凄く綺麗です!

収穫直前まで袋の中なので、赤い蟠桃に特有のグジュグジュットした感じがありません。

スッキリしていてとても綺麗です!

今年は天候不順で難しい年となっています。

葡萄の収穫に影響がないといいのですが...

宜しくお願いいたします。

ご紹介している農家さんの思いが詰まった美味しい果物を
産地直送で食べられる通販サイト
桃葡萄フルーツセレクト通販
ご購入はこちら

疲れすぎて幻覚を見たのか...

ともあれご覧頂きたいと思います。

昨日の夕方のことでした。

お客様から蟠桃のクレームを頂きました。

早速農家さんへ連絡をとり、蟠桃の畑へと直行しました。

幸いにも良い状態の蟠桃が残っていましたので、再度お届けする事が出来たのですが、

畑からの帰り道、車を運転しながら西の空を見ると、

太陽の付近に黒い雲がモクモクと立ち上がっていました。

これは夕立が来るかも!と思いながら車を走らせて帰宅しました。

家に到着して、再び空を見上げると...

20190805-kami.jpg

黒い雲が二つに割れて、そこから白くモヤモヤとした雲が吹き出てきました!

まるで、リオデジャネイロにあるコルコバードのキリスト像のようでした。

私はキリスト教ではありませんが、何かスゴいエネルギーを感じました。

この山梨の地に良いことが訪れますように。

大きな災害に見舞われませんように。

来年も美味しい果物が収穫できますように。

皆様にも良い事が起きますように。

失礼します。

ご紹介している農家さんの思いが詰まった美味しい果物を
産地直送で食べられる通販サイト
桃葡萄フルーツセレクト通販
ご購入はこちら

余裕がなさ過ぎて、仕事が例年の通りに進んでいない店長の田中です。

悲しいですが、全く余裕がありません...

もう少しで家庭が崩壊するところでした。

大事な家族が家を捨てて飛び出して行ってしまうところでした。

私の大事な家族とマイホーム。

4月から家族に加わったニホンミツバチさんです。

190802-01.jpg

これは4月のできたてホヤホヤの新居です。

ほぼ毎日、巣の中の様子を動画に収めていましたが、7月12日を最後に動画に収める余裕もなくしてしまっておりました。

そして、つい先日巣の中の様子を眺めてみると...

190802-02.jpg

赤線の所まで巣が出来上がっていて、増えた家族を収納するスペースが残り僅かとなっておりました。

手狭になったら、より広い巣を求めて探索隊が出動することになります。

そうならないうちに、巣の大きさを広げてあげなければいけません。

丸いコンクリート棒を敷いて、前方にスライドする準備を整えて、

早速応急的に1段追加する作業に入りました。

190802-03.jpg

そして、1段分を作成して赤枠に収めました。

これも応急手段です。

もう1段くらい作っておかないと、直ぐに一杯になってしまいます。

190802-04.jpg

せっかく巣を増設したんだから、巣の中にお入りなさい!

190802-05.jpg

この場所では直射日光を浴びて、室温が上がってしまいます。

早くもう1段増設して、元あった赤枠の場所に戻さないと、ニホンミツバチさんが暑さで参ってしまいます。

家庭崩壊はなんとかくい止められたかもしれませんが、まだまだ予断を許しません。

お願いだから出ていかないでね~!

ご紹介している農家さんの思いが詰まった美味しい果物を
産地直送で食べられる通販サイト
桃葡萄フルーツセレクト通販
ご購入はこちら