TOP > 農園レポート > 2019年4月の記事
​​

先日我が家の庭で一大事が起こりました。

半世紀生きてきましたが、初めての経験です。

そして、その一大事が起こったことで、慌てて制作したものがこちら!

190421-01.jpg

何だか分かりますか?

答えは、こちらを育てる巣箱です。

190421-02.jpg

答えは、ニホンミツバチさんです!

3日前の4月19日の午後3時頃だったでしょうか...

庭に出てみるとブ~ンという重低音が響いていました。

辺りを見回してみると、松の木の幹に鉢の群れが大きな塊となって飛んできていました。

190421-03.jpg

これ位の大きさがあったと思います。

我が家には3歳の可愛い女の子がいますので、刺されては大変!

色々と調べもせずに、水道の蛇口を最大にして、ホ~スで水をかけて蹴散らそうとしました。

冷静になれたのは、その夜になってからでした。

翌朝庭に出てみると、ミツバチが雨に濡れて地面で固まっていました。

残されたミツバチはごく僅かです。

朝日が昇ると少しずつ活動をはじめ、小さな蜂玉になっていました。

本当に可愛そうなことをしてしまったと本当に落ち込みました。

そして、この残ったミツバチを大事に育てる事を決意したのでした。

いそいで巣箱の作り方を調べて図面を引き、ホームセンターへ資材を買いに出かけました。

思ったような杉材がなかったので、図面に近い材料に変更して購入!

一部はホームセンターでカットしてもらい、いそいで巣箱を作りました。

190421-04.jpg

そして、悪戦苦闘しながらも、蜂を巣箱に誘導する事が出来ました。

妻が悪戦苦闘振りを動画に残していますので、機会があればご覧に入れますね

この巣箱を簡単に気にいってくれるとは思っていません。

これから色々な事が起こっていくとは思いますが、

桃の花の蜜を集めた天然のハチミツを皆さんに味わって貰えるように守っていく事が、

私の新たな目標になりました。

我が家のニホンミツバチたちの応援もよろしくお願いします!

ご紹介している農家さんの思いが詰まった美味しい果物を
産地直送で食べられる通販サイト
桃葡萄フルーツセレクト通販
ご購入はこちら

我が家の春にも小さな春がやってきました!

なんだか少し心も晴れたような気がする店長の田中です。

桃の花が咲き終わり、春の一大イベントが終わって少し寂しい気持ちでしたが、

我が家にも小さな春がやってきました。

190420-01.jpg

昨年の秋にホームセンターで衝動買いしたチュ-リップ。

残念ながらラベルを紛失してしまったので、品種は分からなくなってしまいました。

ネットで探してみても、これだ!というものが見つかりません。

購入した時に見た袋の写真のイメージに近いのは「ピンクビジョン」という品種。

しかし、花びらの先の切れ方が違うようです。(今年の冬は買いたい)

探してみましたが、「アンジェリケ」という品種が一番近いようですが、

佐野元春さんの大ファンなので、「アンジェリーナ」だったら良かったのにと思ってみたり...

190420-02.jpg

190420-03.jpg

う~ん、私は、「アンジェリ~ナ」と呼ぶことにします! (*^_^*)

ニューヨークから流れてきたさびし気なエンジェル!

地植えしたものよりも、プランターに植えたものの方が色の入りが良いようです。

こういう八重咲きタイプのチューリップもあるんですね。

球根を掘り上げてみないと分かりませんが、欲しい方がいらっしゃいましたらお裾分けしま~す!

その際はまたご連絡します。

ご紹介している農家さんの思いが詰まった美味しい果物を
産地直送で食べられる通販サイト
桃葡萄フルーツセレクト通販
ご購入はこちら

こんにちは、長女が高校に無事に入学し、先日入学式がありました。

負けないように頑張らなきゃ!と気を引き締めようと思っている店長の田中です。

花冷えの日が続いているので、桃の花もまだまだ咲いています。

190412-01.jpg

雨宮さんも摘花作業の真っ最中でした。

受粉用の花粉は既に確保したそうなので、余計な実を少しでもつけないように摘花作業をしていました。

190412-04.jpg

この満開についた花を摘花していくと

190412-05.jpg

このようになります。

190412-02.jpg

気の遠くなる作業が、春先から収穫まで途切れることなく続いてきます。

190412-03.jpg

頑張っている農家さんを、是非応援してください!!

宜しくお願いします。

ご紹介している農家さんの思いが詰まった美味しい果物を
産地直送で食べられる通販サイト
桃葡萄フルーツセレクト通販
ご購入はこちら

ご無沙汰しております。

店長の田中です。

歳を重ねる毎にファンの方が増えてくださっているのが、何よりの喜びです。

昨年は、1週間ほど収穫が早まった年となりましたが今年はどうでしょう...

様子を伺いに田草川さんに会いに行ってきました。

190402-02.jpg

空は青空ですが、空気はとても冷たく花冷えの天候が続いています。

桃の開花も、昨年より1週間ほど遅いので、例年のリズムに戻っているようです。

190402-01.jpg

とてもきれいに咲いていますが、ゆっくり花見をしている暇はありません。

この時に、実をつけない場所の花を落とす摘花作業をおこないます。

190402-03.jpg

桃の花を見に、県外からも沢山の方が訪れる山梨ですが、

作業の早い農家さんは摘花作業をおこないますので、満開の桃の花を見るチャンスはなかなかありません。

それと、受粉をしてあげないと実をつけない品種の為に、この花から花粉を採取して受粉にも使用します。

190402-04.jpg

ミツバチさんが花粉を獲りに来てくれれば良いのですが、ミツバチさんの姿も余り見かけなくなりましたので、

このように花粉を採取して受粉させてあげます。

2019年も宜しくお願いいたします。。

ご紹介している農家さんの思いが詰まった美味しい果物を
産地直送で食べられる通販サイト
桃葡萄フルーツセレクト通販
ご購入はこちら