TOP > 農園レポート > 店長の小さな幸せの記事
​​

疲れすぎて幻覚を見たのか...

ともあれご覧頂きたいと思います。

昨日の夕方のことでした。

お客様から蟠桃のクレームを頂きました。

早速農家さんへ連絡をとり、蟠桃の畑へと直行しました。

幸いにも良い状態の蟠桃が残っていましたので、再度お届けする事が出来たのですが、

畑からの帰り道、車を運転しながら西の空を見ると、

太陽の付近に黒い雲がモクモクと立ち上がっていました。

これは夕立が来るかも!と思いながら車を走らせて帰宅しました。

家に到着して、再び空を見上げると...

20190805-kami.jpg

黒い雲が二つに割れて、そこから白くモヤモヤとした雲が吹き出てきました!

まるで、リオデジャネイロにあるコルコバードのキリスト像のようでした。

私はキリスト教ではありませんが、何かスゴいエネルギーを感じました。

この山梨の地に良いことが訪れますように。

大きな災害に見舞われませんように。

来年も美味しい果物が収穫できますように。

皆様にも良い事が起きますように。

失礼します。

ご紹介している農家さんの思いが詰まった美味しい果物を
産地直送で食べられる通販サイト
桃葡萄フルーツセレクト通販
ご購入はこちら

余裕がなさ過ぎて、仕事が例年の通りに進んでいない店長の田中です。

悲しいですが、全く余裕がありません...

もう少しで家庭が崩壊するところでした。

大事な家族が家を捨てて飛び出して行ってしまうところでした。

私の大事な家族とマイホーム。

4月から家族に加わったニホンミツバチさんです。

190802-01.jpg

これは4月のできたてホヤホヤの新居です。

ほぼ毎日、巣の中の様子を動画に収めていましたが、7月12日を最後に動画に収める余裕もなくしてしまっておりました。

そして、つい先日巣の中の様子を眺めてみると...

190802-02.jpg

赤線の所まで巣が出来上がっていて、増えた家族を収納するスペースが残り僅かとなっておりました。

手狭になったら、より広い巣を求めて探索隊が出動することになります。

そうならないうちに、巣の大きさを広げてあげなければいけません。

丸いコンクリート棒を敷いて、前方にスライドする準備を整えて、

早速応急的に1段追加する作業に入りました。

190802-03.jpg

そして、1段分を作成して赤枠に収めました。

これも応急手段です。

もう1段くらい作っておかないと、直ぐに一杯になってしまいます。

190802-04.jpg

せっかく巣を増設したんだから、巣の中にお入りなさい!

190802-05.jpg

この場所では直射日光を浴びて、室温が上がってしまいます。

早くもう1段増設して、元あった赤枠の場所に戻さないと、ニホンミツバチさんが暑さで参ってしまいます。

家庭崩壊はなんとかくい止められたかもしれませんが、まだまだ予断を許しません。

お願いだから出ていかないでね~!

ご紹介している農家さんの思いが詰まった美味しい果物を
産地直送で食べられる通販サイト
桃葡萄フルーツセレクト通販
ご購入はこちら

めちゃくちゃ負けず嫌いな店長の田中です。

昨日の夕方のこと、4歳になったばかりの娘が叫びました!

「お父さん虹だよ!」

綺麗な朝焼けを見つけるのも、綺麗な夕焼けを見つけるのも、虹を見つけるのも、

一番早く見つけなきゃ気がすまない私ですが、完璧に負けました...

めっちゃショックでしたが、とても綺麗な虹が見られたので気分は最高でした。

190629-01.jpg

そんな良い事があった昨日ですが、今日は先日買ってきた睡蓮の花が咲きました。

190629-02.jpg

朝6:30頃 少しつぼみが開いてきました。

190629-03.jpg

朝8:00頃 あっという間に開いてしまいました(*^_^*)

190629-04.jpg

朝10:00頃 先ほどよりも若干開いたようです。

190629-05.jpg

13:00頃 茎が真っ直ぐに伸びて最高の瞬間です。

キリッとして最高です!

蓮の花は咲いている時間が短く、14:00頃にはまた閉じてつぼみとなってしまいました。

190629-06.jpg

そして今日は、早生品種の日川白鳳を発送開始した日でもありました。 

これは、試食用にと雨宮さんがくださった桃です。

はつものです。

味わって頂きたいと思います。

ご紹介している農家さんの思いが詰まった美味しい果物を
産地直送で食べられる通販サイト
桃葡萄フルーツセレクト通販
ご購入はこちら

先日我が家の庭で一大事が起こりました。

半世紀生きてきましたが、初めての経験です。

そして、その一大事が起こったことで、慌てて制作したものがこちら!

190421-01.jpg

何だか分かりますか?

答えは、こちらを育てる巣箱です。

190421-02.jpg

答えは、ニホンミツバチさんです!

3日前の4月19日の午後3時頃だったでしょうか...

庭に出てみるとブ~ンという重低音が響いていました。

辺りを見回してみると、松の木の幹に鉢の群れが大きな塊となって飛んできていました。

190421-03.jpg

これ位の大きさがあったと思います。

我が家には3歳の可愛い女の子がいますので、刺されては大変!

色々と調べもせずに、水道の蛇口を最大にして、ホ~スで水をかけて蹴散らそうとしました。

冷静になれたのは、その夜になってからでした。

翌朝庭に出てみると、ミツバチが雨に濡れて地面で固まっていました。

残されたミツバチはごく僅かです。

朝日が昇ると少しずつ活動をはじめ、小さな蜂玉になっていました。

本当に可愛そうなことをしてしまったと本当に落ち込みました。

そして、この残ったミツバチを大事に育てる事を決意したのでした。

いそいで巣箱の作り方を調べて図面を引き、ホームセンターへ資材を買いに出かけました。

思ったような杉材がなかったので、図面に近い材料に変更して購入!

一部はホームセンターでカットしてもらい、いそいで巣箱を作りました。

190421-04.jpg

そして、悪戦苦闘しながらも、蜂を巣箱に誘導する事が出来ました。

妻が悪戦苦闘振りを動画に残していますので、機会があればご覧に入れますね

この巣箱を簡単に気にいってくれるとは思っていません。

これから色々な事が起こっていくとは思いますが、

桃の花の蜜を集めた天然のハチミツを皆さんに味わって貰えるように守っていく事が、

私の新たな目標になりました。

我が家のニホンミツバチたちの応援もよろしくお願いします!

ご紹介している農家さんの思いが詰まった美味しい果物を
産地直送で食べられる通販サイト
桃葡萄フルーツセレクト通販
ご購入はこちら

我が家の春にも小さな春がやってきました!

なんだか少し心も晴れたような気がする店長の田中です。

桃の花が咲き終わり、春の一大イベントが終わって少し寂しい気持ちでしたが、

我が家にも小さな春がやってきました。

190420-01.jpg

昨年の秋にホームセンターで衝動買いしたチュ-リップ。

残念ながらラベルを紛失してしまったので、品種は分からなくなってしまいました。

ネットで探してみても、これだ!というものが見つかりません。

購入した時に見た袋の写真のイメージに近いのは「ピンクビジョン」という品種。

しかし、花びらの先の切れ方が違うようです。(今年の冬は買いたい)

探してみましたが、「アンジェリケ」という品種が一番近いようですが、

佐野元春さんの大ファンなので、「アンジェリーナ」だったら良かったのにと思ってみたり...

190420-02.jpg

190420-03.jpg

う~ん、私は、「アンジェリ~ナ」と呼ぶことにします! (*^_^*)

ニューヨークから流れてきたさびし気なエンジェル!

地植えしたものよりも、プランターに植えたものの方が色の入りが良いようです。

こういう八重咲きタイプのチューリップもあるんですね。

球根を掘り上げてみないと分かりませんが、欲しい方がいらっしゃいましたらお裾分けしま~す!

その際はまたご連絡します。

ご紹介している農家さんの思いが詰まった美味しい果物を
産地直送で食べられる通販サイト
桃葡萄フルーツセレクト通販
ご購入はこちら