TOP > 農園レポート > 【山梨のぶどう】翠峰のかさかけ
​​

日中もだんだんと気温が上がり暑さ厳しくなってきた甲府盆地です。
早くもバテ始めてきた店長の田中です。

こんにちは!

先日三枝さんの翠峰の畑にお邪魔して、袋かけの様子を見学させて貰いました。

160611_01.jpg

こんなに小さいのに、翠峰の房の形をしています。
シャインマスカットのように皮が薄くはありませんので、
人気も出ませんでしたが、マスカットの風味が残る翠峰の方が好みだという人がかなりいらっしゃいます。

甘さだけではないんですよね...

巨峰のようなほどよい酸味があったほうが私的には好みです。
ピオーネよりも皮の周りの風味が、巨峰の方が断然スキなんです。

種なしが主流になった巨峰ですが、
種あり巨峰を買われる方もいらっしゃるくらい根強いファンの方もいらっしゃいます。

160611_02.jpg

話が脱線してしまいましたが、一房一房丁寧に皮をかけていきます。

気の遠くなるような作業がまだまだ続きます。

160611_03.jpg

農家さんたちの手間ひまが、美味しい一房のぶどうに変わっていきます。

味わって食べて頂きたいと心から思います。

ご紹介している農家さんの思いが詰まった美味しい果物を
産地直送で食べられる通販サイト
桃葡萄フルーツセレクト通販
ご購入はこちら