TOP > 農園レポート > 【山梨の桃】なつっこの除袋作業にお邪魔してきました。
​​

今日はイベントで100箱欲しいので何とかして欲しいと注文を受けましたので、

出荷後に農家さんを回ってのご相談です。

ご注文を受け付けるには責任が伴いますから、

提供してもらう農家さんへの確認事項も

どうしても増えてしまいます。

この日は、田草川さんが「なつっこ」という品種の除袋作業をしていました。

160716_01.jpg

袋を1個1個外していくのですが、

この光景は当たり前のように見えて、

実は当たり前ではないんです。

ポイントはココ

160716_02.jpg

除袋した袋をしっかりとまとめているでしょ!

実は、外した袋を畑にほったらかしで散乱している畑が沢山あるんですよ。

それが風で舞っていたり、酷い農家さんだと...

川を流れていたりもしますからね...

そんな光景を見るのは悲しいですよね。

160716_03.jpg

田草川さんは有機肥料で桃を栽培しています。

これはその「もみがら」です。

化成肥料で育てた桃でも、糖度が高ければプレミアムになるようですが、

味はどうなんでしょう?味もプレミアムだといいのですが...

自然な甘味がしますかねぇ~?

糖度だけで果物を判断して欲しくないという気持ちを

少しでも分かって頂けると嬉しいです。

ご注文をおまちしております!

ご紹介している農家さんの思いが詰まった美味しい果物を
産地直送で食べられる通販サイト
桃葡萄フルーツセレクト通販
ご購入はこちら