TOP > 農園レポート > 巨峰の摘粒作業
​​
2014年6月25日 11:04
巨峰の摘粒作業

こんにちは!

農園レポートの更新が遅れ気味の店長田中です。

農園には何度もお邪魔しているのですが、
更新作業が間に合っていません(汗)

先日、三枝農園の巨峰の摘粒作業にお邪魔してきました。
予備摘粒は終わっていますので、今回が本摘粒作業です。

IMG_140625_01.jpg

予備摘粒を一度おこなっていますので、
素早い手さばきで、粒を揃えていきます。

1房を何粒で何グラムにするかを
コントロールしていきます。

IMG_140625_02.jpg

さらに、この段階でも摘粒せずに房ごと切り落としてしまうものもあります。

このまま育てても良い房にならないものは、
ここでも脱落します。

厳しい世界ですね!

IMG_140625_03.jpg

本摘粒が終わるとこんなにスッキリ!

上の画像の丸の中は、約1ヶ月前の子どもの房です。
先端の約3cmほどが、こんなに成長しました!

本摘粒を済ませたもには、小さなクリップを房の上につけていきます。
本摘粒を終わらせた目印もかねていますが、
これから笠かけをする時に、
笠が下に落ちこないようにするストッパーの役目も果たします。

一房ずつ丁寧に摘粒して粒を揃えた後に、一房ずつ笠掛をしていきます。

手間のかかる細かい作業が、春先から収穫まで続いていきます。

農家さんのこういった作業があって
私達が美味しい果実を食する事が出来るのです。

感謝せずにはいられませんm(_ _)m

ご紹介している農家さんの思いが詰まった美味しい果物を
産地直送で食べられる通販サイト
桃葡萄フルーツセレクト通販
ご購入はこちら

最新のお知らせ

月別のお知らせ

カテゴリー別のお知らせ