TOP > 農園レポート > 雹(ひょう)の被害に関して
​​

追突事故後も前向きにリハビリ中の店長の田中です。

しかし、むち打ち症というのは非常に辛いです。

左腕に痺れも出ているますし、腰にも痛みがありますので、

長時間の事務作業が出来ません...

しかし、前向きな気持ちを忘れずに頑張っています!

農家さんから雹(ひょう)の被害について連絡がありましたので、

被害の大きかった畑にお邪魔しました。

190610-01.jpg

190610-02.jpg

190610-03.jpg

雹に当たった箇所が、どんな傷になるかは大きくなってみないと分かりませんが、

現時点でこのような傷が出てしまった粒が出荷されることはありません。

よく見ると、葉っぱにも無数の穴が空いています。

無キズの粒もありますので、全く出荷できないわけではありませんが、

収穫量は激減せざる終えません。

弊社の注文確保数量も品種によっては少なくなってしまうかもしれません。

確定しましたら、直ぐにご報告する予定でおります。

このような状況下でも、農家さんはめげずに作業をおこなっております。

是非応援を宜しくお願い致します。

ご紹介している農家さんの思いが詰まった美味しい果物を
産地直送で食べられる通販サイト
桃葡萄フルーツセレクト通販
ご購入はこちら